So-net無料ブログ作成
検索選択

岡田芳郎あて  32・3・24 [勝野睦人書簡集]




 (岡田芳郎あて)


 三日にこちらに帰ってきました。朝からアトリエに籠って絵を描

いているーーといいたいところですが、実は何もしていません。ぼ

んやり外の景色ばかり眺めています。南信は丘陵の多い地方です

が、僕の窓からもいくつか見えます。それらの中腹には墓地があ

り、南側の斜面は多く桑畑のようです。墓地といっても、ただ竹藪

の陰に、五つ六つの石塔を並べただけのものです。時として夕日を

浴びたりすると、それが遠くから光ります。白い、獣の歯並のよう

です。桑畑はひどく殺風景です。曇天の日も、晴れた日も、無気力

な灰色に被われています。けれども、傍まで行ってみると、桑の枝

は一本一本、針のように空に突き立っています。それを見るたびに

僕が思い出すのは、「枯草の中の針」、「麦藁」という二つの言葉で

す。これはある分裂症の少女の洩らした苦痛の象徴語ですが、この

桑の木の枝も、もっと比喩的な意味で、彼女達のような人々の苦痛

を物語ってはいないでしょうか。今、狂女をテーマにした詩を書い

ています。どうせ僕は常識人ですから、成功する筈はありません

が。

        [×]            [×]

 又、いつかお行き合いできる日を楽しみにしております。上京

来月の八日頃になる見込みです。では

 <追> 合評報告はいかがでしたか。

 32・3・24














nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。