So-net無料ブログ作成
検索選択

育男あて 三月十二日 [勝野睦人書簡集]





 今日はひどく風の強い日です。午前中射しとおしていた日が急に

翳って、粉雪がちらちら舞いはじめました。アトリエの北窓から見

える仙丈ヶ岳の峰は、深い雪に被われています。そのふもとに、無

数の民家がちらばっています。丘陵があり、森があり、墓地があ

り、僕の通っていた高等学校も見えます。それ等はひどくひっそり

としています。この風景のなかにかきこまれたことを、まるで意識

しているかのようです。

 おはがき先刻受け取りました。合評会の模様を想像して、行けな

かったことが今さら残念でした。あなたが山田氏を嫌うのもよくわ

かる気がする……。それにしても、どんな話し合いが行われたの

か、今から報告が楽しみです。
 
 こちらでも僕も「生活人」です。「家族」という社会組織の一員

です。そのために煩わしいことも便利なこともあります。でも僕の

場合、日常生活の中で触発される「かなしみ」や「怒り」は、詩に

も文章にもならないために、そのまま僕の胸底に沈潜するようで

す。僕達の日常意識と詩との関係ーーそんなこともいつか話しあっ

ってみたい……。好川さんなんか、きっとうまくいっていますね。

 浅井さんの「ドイノーの悲歌」を取りよせました。日数をかけて

熟読してみました。解釈がとてもとても鮮かなので、学者という奴

は頭のいいものだと、今さらのように呆れました。「金閣寺」その

他……恐縮です。

                       睦 人

  三月十二日

 育 男 様

 これは一昨日書いた手紙です。もう少し何か書こうと思っていた

ら、日数がたってしまいました。今報告を受けとったところ……

(御手数をかけてすいません)「感想」がいろいろと沸いています。

いずれ又、お便りしましょう。では、皆さんによろしく












nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。