So-net無料ブログ作成

在間扶美子あて  三月八日  (その3) [勝野睦人書簡集]



 僕は「秋の日」よりも「豹」の方が好きです。「豹」は新詩集中

の傑作でしょうね。「歌われた」というよりも「組み立てられた」

ような感じ。豹を外部から描写するのではなく、その内部を自己の

内部と重ねて描きだす方法ーーそれはロダンに教えられた

ものです。

 リルケの「ロダン」をお読みですか。あれはロダン論というより

も、むしろリルケ自身の散文詩のようなものです。あれと「マルテ

の手記」を熟読してみると、リルケの住む「力学的空間が」きっと

直覚されます。もうそうなったらシメたものです。以前難解だと思

った一部の詩も、すらすらとあなたのこころに受け入れられるでし

ょう。だが、それは思ったより労力のいる仕事ですが。

 今日はこの位にしておきます。なお御返事のおくれたこと、お詫

びします。さようなら

                        睦 人

  三月八日

 在間扶美子様

   (追)  ◇山登りーー本格的な(?)山登りはあまりしません。で

        も、小さな山には登ることがあります。

       ◇木の葉の栞、ありがとう。

       ◇こちらには三月一ぱい居るつもりです。

                      (乱筆あしからず)
















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。