So-net無料ブログ作成

久保田広志あて  32・2・28  [勝野睦人書簡集]





   (久保田広志あて)


 いま下宿のマダムから、君の来てくれたことを聞いたところだ。

君はまだ、御徒町の近所にいるかもしれない。だって、君がここを

出てから、五分と過ぎてはいないのだもの。まったく運が悪かった

なあ。

 まあそれは致し方なしとして、僕の散らかし放題の部屋を見られ

たのには弱った。毎日あんな生活をしていると思われそうだ。何も

弁解することはないけれど、今日のはやや「特別」なのだ。あすま

でに書きあげなければならないレポートがあるので、徹夜で本棚を

ひっかきまわしていた矢先。まずいところを見られてしまった。だ

が(あれはあれというのかな、これというのかな……君の立場にた

てばあれだな)僕の精神生活の一面でもあるのだ。そしてそれは、

決して「怠惰」の一面ではない。これは君もわかってくれると思

う。しかし俗な連中はそうはとらない。だから(そんなことは君は

しないと思うが)ひとには口外しないでくれ給え。特に同郷の奴ら

にはね。じゃあ又 郷里で会おう。

  32・2・28











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。